退職祝いのプレゼントを紹介しています。退職される方のお名前やメッセージを彫刻した世界に一つのオリジナルギフトが人気です。文字を彫刻することで、いつまでも色あせることがありません。また、退職祝いのエピソードを紹介しています。

気配りで退職者の気分を良くする

退職祝いに参加する場合はそのための心得が大切になってきます。

ここで大事なのが退職者がメインである事をしっかり頭に入れておく事が重要です。自分がはじけて自分中心の会にならないようにする事です。

しかし、逆に自分が控えめになり過ぎて、あまりお祝いの会に参加しきれないのも少し問題ですので、自分自身も楽しみながら退職者がメインになるように引き立てるといった感じで、お祝いの会に参加する事が一番良いと思います。

食事会をする時は退職者よりも早く現地に行く事が良いので、集合時間よりも早めに到着するように心掛けて置き、飲み物をついであげたり、料理に関してもなるべく退職者優先してあげるのも大切な気配りです。

退職祝いをする前に参加するみんなで話題づくりを考えて置くのも場の雰囲気を盛り上げるためには良い方法であり、一番の目的はお疲れ様という気持ちを伝えると同時に、楽しい時間にする事ですから事前の準備も必要なのかもしれないです。

二次会についてですがそれは退職者の予定を考慮して考える事と、意見を聞いておくと良いかもしれないです。

なるべく相手の希望を尊重する事が大切になってきます。お祝いの会をした後は酔った場合、遊び疲れている場合もあると思うので帰宅する時もタクシーを手配したり、送り向かいをしてあげるのも気持ちの上では大事な行為だと思います。

最後まで気配りする事できっと退職者の方も気分良く会社を退職する事ができると思いますので頭に入れておきます。

思い出に残るようなプレゼント

会社で働く、上司、先輩にそれまでの感謝の気持ちを伝える退職祝い。みなさんは退職される方に対してどのような贈り物を選んでいらっしゃいますか?目上の方に差し上げるプレゼントですから、現金というのは失礼に当たることもあります。人生の節目、という意味も込めて、何か思い出に残るプレゼントを贈られることをおすすめします。会社での日々をそれをみて思い出せるような品物が望ましいですね。男性、女性問わず、おすすめしたいのは置き時計です。会社での時が充実していたように、これからの時も、充実した人生を送られるように、そんな願いも込めた贈り物としておすすめしています。男性の場合は、趣味のゴルフ、登山、音楽などに合わせた品物を贈られるのも良いでしょう。女性の場合は、食器、スカーフなども良いですね。伴侶がいらっしゃる方なら、退職後の人生を仲良く歩んでくださいね、というメッセージを込めて、旅行券なんてステキです。どのようなものを贈られてもきっと喜んで頂けると思います。でも、より思い出に残るようなプレゼントを選べると良いですね。お名前や感謝のメッセージを彫刻したお酒やバカラグラスなんか素敵ではないでしょうか。感謝の意味でお花を添えることも忘れずに。お花をもらって嬉しくない人はいませんから。一人暮らしの方の場合には花瓶を持っていないことも考えられますので、バスケットアレンジにするなどの配慮も必要です。香りがよく、華やかなお花でこれからの人生のはなむけをして差し上げると良いでしょう。素敵な退職祝い、選べると良いですね。

長年勤めあげた人生の大先輩

退職祝いで贈り物を選ぶ時、結構悩みませんか?

性別や年齢、退職理由にもよるでしょうし、相手の好みにもよりますね。

普段からプライベートでのおつきあいがある方なら、趣味やライフスタイルもよくわかっているでしょうし、贈り物も選びやすいと思いますが、会社のみのおつきあいの方だと本当に困ってしまいます。

まだ若い方で、今後も会社生活を送るであろう方なら、次の会社での生活でも使えるビジネスグッズ等を選べるのですが、例えば定年退職の方だったら、これからは会社生活で必要だったネクタイや通勤用のバッグ等は必要ないでしょう。

それでは、どんな物を選べば喜んでくれるのでしょうか。そこで、定年退職祝いの贈り物で喜ばれるものをご紹介したいと思います。

まず、定年退職ということで、これからはお家で過ごす時間が多くなると考えられます。お酒好きな方には、奥様(旦那様)と一緒に飲めるようにワイングラスやバカラグラスなどはいかがでしょう。

さらに、その方のお名前を入れたワイン日本酒と冷酒杯をセットにして贈るのも大変喜ばれます。

また、女性の定年退職祝いの場合ですと、最近の女性は元気ですから、体験型のギフトカタログや、フィットネスグッズなどがお勧めです。

リラックスアイテムとしてアロマグッズなども喜ばれます。あと、忘れてはならないのは、花束でしょう。

これまでお世話になった感謝の気持ちとこれからの人生の門出にふさわしい、華やかで豪華な花束を選びましょう。

いろいろご紹介しましたが、

いずれにしても長年勤めあげた人生の大先輩への贈り物です。心を込めて選びたいものです。

思い出に残るお祝いが出来れば

私は5年前に転職しました。転職前は派遣社員、同じ職場に約2年半働いたので、同じ職場の派遣さんとも仲良くなりました。

退職する時は送別会を開いてくれて、そこでは退職祝いのプレゼントを頂きました。

プレゼントの中身は、私の好きなキャスキッドソングッズ。一緒に仕事をしていた派遣社員の方が、私の好きなブランドは何か、リサーチして選んでくれたらしいです。

キャスキッドソンは、大好きなブランドの一つ。ペアのマグカップにショッピングバッグまでつけてくれてました。

今の職場でも、退職される方にはプレゼントを贈ります。恒例になっているのは、某海外ブランドの置物。小さくてもなかなか高額な物です。

犬好きな方には犬、女性には花など、退職される方に似合う物を、お局様が選んでプレゼントすることが、いつの間にか習わしになってるようです。

確かに記念にはなるけど、今の時代はもう少し実用的な物とか、本人が希望する物が良いのでは?と思うんですが、お局様の力が強くて、この習慣はまだまだ続くものと思われます。

プレゼントって難しいですよね。年配の方は、実用的な物より記念に残るものの方が良いのかな?反対に若い人には、実用的な物って感じがします。

私の夫が退職する時、きっと次は定年の時になるかと思いますが、何をプレゼントするかな?定年退職は、人生の大きなイベント。

この時、実用的な物じゃ、やっぱりちょっと寂しいかな。物ではなく、一緒に旅行に行くなど、

思い出に残る退職のお祝いを家族で出来れば、幸せですね。

最後に会社から貰うプレゼント

私の会社では、

退職する人がいる時はいつも皆でお金を集めて花束とプレゼントを退職祝いとしてあげています。

だいたい退職者が所属するグループだけでお金を集めますが、部長クラスの人になるとグループを超えて沢山のお金が集まります。その集めたお金で、退職のお祝いを何度か購入しに行ったことがあります。

女性の場合はその人の好みが分かりますが、男性の場合は全く分かりません。そのため、だいたいデパートの紳士服コーナーでハンカチや靴下などの雑貨をセットで購入します。

ネクタイやブラウスを選んでくる人もいますが、趣味に合わない物をあげてもしょうがないので、私の場合は小物を選ぶようにしています。

問題は、その集めたお金の予算です。皆に好かれている社員が退職する時は集まる金額もかなり多いのですが、勝手な理由で退職したり、周りに迷惑をかけて退職する人も中にはいます。

そういう時は、ブランドの小物を買えるほどお金が集まらないことがあります。しかもそういう人に限って私が退職祝いを選ぶ担当のことが多いです。

辞めていく人には気持ちよく去って欲しいので、私は自分のお金を足してプレゼントを選んでいます。

花束のボリュームがやや少なくなる時はありますが、そこは男性なら特に気づかないと思うので、商品にお金を回しています。

退職祝いはどちらかというとおめでたい理由で選ぶ物ではないので、

選ぶ側としては難しいです。それでも最後に会社から貰う物がお粗末な物だと可哀想だと思い、悩みながら購入しています。

会社の皆に感謝の気持ちを込めて

高校を卒業して最初に就職した会社を、5年間働いて退職しました。

退職理由はいたって平凡な「寿退社」と呼ばれるものです。決して高い給料ではありませんでしたが、高卒だった私を雇ってくれたこともあり、会社のことが好きでした。

しかし、結婚相手の仕事の都合上、どうしても引っ越しが必要だったため、仕方なく辞める決意をしました。

当時は仕事も忙しく、毎日終電に乗って帰る生活が当たり前でした。それでも、一緒に仕事をする仲間たちに支えられて、仕事をこなすことが出来ました。

そんな仲間に仕事を辞めることを伝えるのが心苦しかったです。最初伝えた時は、正直反応は悪かったです。そうだろうなとは思いました。

それでも、辞める以上は仲間に迷惑を掛けないように、半年間かけて仕事の引き継ぎをしました。忙しい仕事の合間に、送別会を開いて頂きました。

こんな形で辞めることになってしまい申し訳ない気持ちもありましたが、送別会では皆さんが温かい言葉をたくさん掛けてくれて、本当に嬉しかったです。

その時、退職祝いとしてデジタルフォトフレームを頂きました。「旦那さんと二人の写真を流してくださいね」と言われ、照れ臭いので二人の写真を流すかは分かりませんが、必ず使いますと伝えました。

退職して1年が経って、無事に結婚式を挙げることができました。その時に、退職祝いに頂いたデジタルフォトフレームを受付に置かせて頂きました。

当時の仕事仲間が覚えているかは分かりませんが、感謝の気持ちを込めて。

寿退社した先輩の昔の話です

以前勤めていた職場での話です。また私が新入社員だった頃、当時25歳位の先輩がいました。

直接仕事を教わる事は無かったのですが部署が同じで、私の直属の先輩の先輩で2人は仲良くしていたようです。

当時は今の時代の様な晩婚化ではありませんでした。だいたい20代のうちに結婚して寿退社するか、他の仕事に転職するかで、

女性が定年までいる方は殆どいませんでした。

25歳の先輩は彼氏もいませんでしたので当然結婚もありません。しかし25歳なのに結婚しないで会社に残っている事を非常に気にしていて、私の直属の先輩に相談していたようでした。

そしてその先輩は予定もないのに寿退社する事になったと上司に話をして、送別会がお店を貸し切って開かれました。

私は本当の事情を知っていましたが、他の人たちは一部女性の先輩を除き誰も知りません。なので皆、お祝い事という思いで普段の送別会よりも大々的だったのだと思います。

1つの部署に100人程度いる職場でしたが、退職の際、先輩は皆の前で花束を受け取り、おめでとうという言葉と共に皆で集めたカンパのお金で指輪をもらっていました。

周りからしたら寿退社の記念品だったのでしょうが、事情を知っている私からしたら、とても豪華な退職祝いでした。

それも全て時代がバブルだったから出来た事かも知れません。当時は特別な感情はありませんでしたが、先輩の年齢を超えた今、私だったら素直に退職するか、このご時世なのでそんな理由で退職できないなと思えた出来事でした。

お祝いのお返しを考える

退職祝いと言えば一般的には定年を迎えられ方へのお祝いを指すのでしょうか。

しかし、

私は以前に勤めていたいくつかの職場で退職祝いをいただき、またお礼としてお返しを贈ることもありました。。


退職の祝いというより記念品と言えばいいのでしょうか。最初に退職した職場ではティーカップをいただき、こちら側もお世話になったお礼として、女性の同じ部署の方のみ個人にハンカチタオルを贈りました。

その他の方々には大き目のお菓子を皆さんでという形で贈りました。また、別の職場では皮の長財布をいただきました。

こちらの職場はメンツや体裁をすごく気にする方たちが多かったので、社長に切子のグラス、女性陣にはルームフグランスなど、比較的通常贈る物より高価な物を贈り結構な額になりました。

私の前にお産で退職された方がどのような物を贈ったかも参考にしたのですが、有名レース店のハンカチを数枚だったりとかなりの高額でしたが、正直私はそこまでのお付き合いもなく、予算的にも出せないので少し押さえて選びました。

男性陣は普段外に出ていて接点の少ない方が殆どでしたので、やはり大き目のお菓子を皆さんでという形にしました。

職場の雰囲気や規模にもよると思うのですが、以前勤めた中小企業の場合は冠婚葬祭や退職などに決まったルールを設けておらず、その場その場で決めて、結果、その時々で贈るものの金額や人数が変わってしまい、どこまで方に贈るべきか迷った事がありました。

企業が決めていてくれたら迷うことなく行動できたと思います。

応援と感謝のメッセージの贈り物

毎年3月になるとどこの職場でも、退職される人が何人かいらっしゃると思います。定年の方、結婚するのを機に退職される方、転職される方など色々ですが、

「おつかれさまでした」の感謝と「これからもがんばってください」の応援の意味で「退職祝い」を贈ることが多くなります。

「退職祝い」として一般的なのは、やっぱり花束。その人のイメージに合わせて、女性なら赤やピンクの可愛らしい花で、男性ならカサブランカなどの大人っぽい花で作ることが多かったです。

やっぱり花束というものは、なんとなく癒しになりますし、特別な日にもらうものという感じがするのでぴったりなアイテムといえるでしょう。

職場の同僚から500円から1000円のカンパでプレゼントを買うので、参加人数が多いときは、花束以外に少し気の利いた贈り物もそえたりします。

印象に残ったのは、転職される方には、ネーム入りの名刺入れやペンケースなど、次の職場でも使えそうなものは喜ばれました。

また、その人の趣味に合わせた贈り物で、お気に入りのアーティストのコンサートDVDなど、自分ではなかなか買わないけれど、もらえると喜ぶだろうというものを想像を働かせながら、買ったりすることも多かったです。

お金はあまりかからないもので、やっぱり贈るほうももらう方も、思い出に残るのが色紙や小さいアルバムに一人ひとり応援メッセージを書き込んだ「贈る言葉」。

「いつも笑顔を絶やさない○○さんの笑顔に癒されました」や、「バイタリティあふれる○○さん、新しい職場でも活躍してください」など、

退職される方が迎える新しい場所への応援メッセージや、定年される方には「今まで本当にお疲れ様でした」などのメッセージがあるだけでとても感動できる贈り物になると思います。

そんなメッセージを彫刻したフォトフレームの贈り物は素敵で人気があります。


退職のお祝いはその人の喜ぶ姿を想像しながら、贈るものを選ぶのが一番だと思います。

退職する人への感謝と幸せを願い

私の勤めている会社は、平均年齢が35歳で女性が7割を占めています。そのため、

結婚や出産を機に退職するケースが多いです。

私は年齢も高く社員のお世話をするような仕事をしているので、退職する人の送別会の幹事をしたり、退職祝いを買いに行くことがよくあります。

退職する人には結婚や出産という理由があるので、だいたいそれにちなんだ物を退職のお祝いに渡すようにしています。

皆で一律500円で集めたお金約2万円分で物を探します。足りない時は私が払うようにしています。

結婚する女性であれば、家事に役立つ物や食器などを探します。それぞれの趣味も服装などからだいたい把握しているので、好きそうなブランドの商品にします。

お店へ行く暇がない時は、ネットで注文することもあります。特にネットで注文する時は、その人と仲の良い社員に意見を聞いて決めています。

出産する女性であれば、ベビーグッズを選ぶようにしています。洋服やバッグ、帽子などの小物をあげていますが、だいたいデパートの子供服売り場へ行きます。

私も子供がいるので子供服のメーカーには詳しい方だと思うので、あまり迷わずに決めることができます。

そしてプレゼントと共に必ずお渡しするのは、花束と色紙です。花束は会社の近くの花屋で当日に予約して夕方取りにいきます。

色紙は全社員に記入してもらうように2週間ぐらい前から用意しています。私の会社ではあまり悪い理由で退職する人がいません。

一生懸命働いてくれたことへの感謝とこれから幸せになって欲しいという願いをこめて退職する人をお祝いしています。