退職祝いのプレゼントを紹介しています。退職される方のお名前やメッセージを彫刻した世界に一つのオリジナルギフトが人気です。文字を彫刻することで、いつまでも色あせることがありません。また、退職祝いのエピソードを紹介しています。

今までの感謝の気持ちをこめて

職場でお世話になった先輩が、結婚で退職することになりました。

短大を卒業してからずっとこの会社にいて、仕事もできるし、後輩の面倒見もよくて、誰からも好かれていた先輩だったので、辞めてしまうのがとても寂しいですが、

おめでたいことなので、今までの感謝の気持ちをこめて、みんなでパーっと送り出そう!ということになりました。

退職祝いは何にしようかとずいぶん悩みましたが、先輩はにぎやかなことが好きで、しめっぽい演出は苦手だろうと思い、宴会風のにぎやかな送別会を送ることに決定しました。

幹事はお店のリサーチと予約、プレゼント係はプレゼント代の集金と購入、その他のみんなで、色紙を書いたり、こっそり先輩の旦那様になる方に連絡をとって、当日お店に来てもらえるようにお願いしたりと、準備はトントン拍子で進んでいきました。

普段頭が固くて怒ってばかりいる上司も、有能だった部下の門出には財布のひもがゆるんでいたのが何だかうれしかったです。

先輩には、OOというお店で送別会をします、ということだけ伝え、あとは、当日を待つばかりとなりました。

当日、お店にあらわれた先輩を待っていたのは、拍手・歓声・クラッカーの音。そして、ニコニコ顔で待っていた、婚約者の姿でした。

「なんでいるの?」とびっくりしている先輩に、婚約者の方が「お前の退職祝いの席だから、ぜひ出席してくれって頼まれてさ」とワケを話すと、先輩は泣き出してしまいました。

思わず、私たち女子社員ももらい泣き。送別会という名の宴会はすごく盛り上がり、最後に色紙とお花と先輩が気に入っていたブランドのバッグをプレゼントして、会はお開きになりました。

あれ以来先輩にはお会いしてませんが、涙でぐしょぐしょに濡れた顔の先輩と、同じくぐしょぐしょ顔の自分で撮った写真は、一生の宝物です。

新しい門出の健闘を祈りたい

先日、

知り合いが勤めていた会社を退職することにようやくなったので、退職祝いをすることになりました。

その知り合いというのは、コンピューター関係の会社に勤めていた人なんですけれども、

実は長い間ずっと、会社のここが嫌だ、上司のこういうところが嫌だ、社長のこういうところが嫌だという愚痴とか文句とかについて、今まで私は散々聞かされてきたんです。

最初のうちはその愚痴とか文句とかを黙って聞き続けていた私だったんですが、世の中には仕事がなくて困っている人もたくさんいらっしゃるので、

「そんなに嫌だったら、いっそのことその会社をすっぱり辞めて、転職するとか、起業して理想の会社をつくるとかしたらどうでしょう?」などと言うようになっていたんです。

でもそうすると、「そんなことを言われたって、転職先が見つからなかったらどうしたらいいんだ?起業って簡単に言うけど、そんなに簡単なことじゃないよ!」と知り合いはいつもぼやいていました。

そういうやり取りをずっと続けていて、気がつけば3年ぐらい経っていました。

「この人は、何だかんだ言っても今の会社にいたいんだろうな、きっと」と、半ば諦めていたときに、

「会社を退職して起業することにした」とその知り合いから聞いたものですから、いろいろな意味でものすごく嬉しかったです。

退職する気持ちになった理由を聞くと、「ある日ふと、愚痴や文句ばかり言っている自分に気がついて虚しくなり、今のままで人生を終わりたくないと思ったんだよね。

どうしてもっと早くに気がつかなかったんだろうね」と笑いながら言っていました。

そこで、退職と新しい門出の祝いを兼ねて、ささやかながらもお祝いをしました。

いつも会うたびに暗い顔をして、眉間にしわを寄せていた知り合いだったんですが、何かがふっきれたような明るいいい笑顔だったので安心しました。

本当に大変なのはこれからだとは思いますが、健闘を祈りたいと思います。

依願退職なにの私のことを考えて

私は大学卒業後、新卒採用された会社で8年勤めたあと依願退職しました。

仕事に大きな不満があったわけでも、人間関係のトラブルがあったわけでもありません。学生時代にはわからなかった「本当にやりたい仕事」がその8年の間に見つかったからです。

それは、園芸店開業でした。学生時代から趣味で草花を育てていましたが、それを生涯の仕事にしたいと思ったのです。

会社の同じセクションの人たちが送別会を開いてくれました。私としては、いわば自分のわがままで会社をやめるのですから、申しわけない気持ちでいっぱいでした。

その送別会では2つの退職祝いをいただきました。1つは花束。定番の祝い品ですが、感激したのは会社の近くの花屋ではなく、都心の名店の花束だったことです。

女性社員たちが注文し、わざわざ都心のその店まで取りにいってくれたと聞いて、涙がでそうになりました。

もう1つが花の図鑑。「これからの仕事に役に立つだろうから」と、部長から手渡されたときには、ほんとうに涙が出ました。なんとすてきな職場で、自分は働いてきたのだとう、と実感。

にわかに「やめたくない」という気持ちが湧き起こってきました。もちろんいまさら「やめるのやめます」とは言えませんから、ただひたすらありがたく、2つの祝い品を受け取るしかありませんでした。

しかも部長から、「今日の送別会と花束は会社の経費だけど、図鑑はみんなでお金を出し合って用意した。私は小遣いが少ないからパスしたけど」と聞いて、またまた感激でした。

部長はふだんからユーモアあふれる人情家なのです。同じ退職でも、定年退職の場合は、職場の同僚や後輩たちも特別な思いをいだくものでしょう。

けれど依願退職の場合、送別会も祝い品も型どおりというのが、ほとんどでしょう。私は恵まれすぎていたとつくづく思います。

花束にしても図鑑にしても、先輩・同僚・後輩の方々が私のことを考えて選んでくれたものです。そのときにいただいた図鑑はもちろん、今も大切に使っています。一生の宝ものです。

一番喜んでもらえる物と考えて

昨年、

妻がスーパーのパート仕事をやめました。子どもができて、家計を助けるために妻がやってくれていた仕事です。

今はもう、その子どもたちは独立して、もうパートを続ける必要がなくなっていました。けれど妻は「仕事はつづけていたい」と、やめずにきました。「職場が楽しいから」というのがその理由です。

それが去年、「そろそろ」と本人が決断したのです。いわば「パートのおばさん」の退職ですから、送別会などの特別な行事はなかったようです。

妻は「花束ぐらいはもらえるかな」と考えていたと言います。その日その夜、妻が家に帰ってきたとき、その手には紙袋がありました。

妻は「こんなものもらっちゃた」と言います。私が袋の中をあらためてみると、それは犬のぬいぐるみでした。わが家の愛犬そっくりです。

妻のパート仲間が、みんなで作ってくれたのだそうです。6人のパートさんが少しずつ作って、バトンタッチしながら完成させた犬のぬいぐるみ。

モデルはわが家の愛犬です。黒い柴犬です。妻が職場でよく話していたのでしょう。妻からその犬の話を聞かされていた職場の同僚のかたたちが、「一番喜んでもらえる物」と考えて、作ってくれたのです。

それを見ておどろきました。そっくりだったからです。ふだん妻が職場でいかに愛犬自慢をし、写真を見せていたかわかります。

同僚の方には迷惑だったにちがいありませんが、

それを退職祝いにしてくれた、そのお気持ちには私も深い感慨をおぼえました。

今、テレビの横に、そのぬいぐるみはいます。

お祝いの言葉で勇気をもらう

転職が当たり前になっている昨今。2、3社転職している人ならば、

1度は退職祝いを頂いた事があるのではないでしょうか。

そんな筆者も何社か転職をしているのですが、今までで一番心に響いた退職のお祝いがあります。それはとある旅行会社で内勤として働いていた時。3歳年上の女性の先輩から頂いた文庫本です。

その先輩とは入社して1年程は、ろくに会話したこともありませんでした。13年勤めた別の女性の先輩の送別会の帰り道で、ふと「○○さんらしい送別会でしたね」と会話したのをきっかけに急速に仲良くなり、会社でランチをよく食べに行く事が多くなりました。

自分ではあまり話上手ではないと思っていたのですが、その先輩はツボに入ると豪快に笑う人で、自分がまるで面白い話でもしているように錯覚させてくれるとても聴き上手な人でした。

会社と家の往復で特に変化もない毎日のなか、唯一の楽しみは電車で読む本でした。その先輩との会話でも、最近読んで面白かった本の話をするのですが、やはりとても興味を持って聞いてくれました。

彼女に話をするだけで、会社でのストレスも笑い話に変わり深刻に悩まずに済んだ事を今でも感謝しています。

そんな私も諸事情あり退職する事となった時、送別会の最後に先輩がお祝いだと言って1冊の文庫本をくれました。それは先輩が気に入っている本だという事でした。

その時ふと私は先輩に自分の話ばかりして、先輩の好きなもの、好きな本が何かという事を聞いていなかったのではないかと思いました。そして後悔しました。

先輩が私に対してしてくれた「聞く」という行為が私の会社員生活を救ってくれていた、そのお返しを私はできていませんでした。後悔のなか帰りの電車で文庫をめくると、最後のページにメモが挟んでありました。

「私は○○ちゃんの世界観やセンスがとても好きでした」まるで愛の告白を受けたかの衝撃を受けたのですが(双方その気はありません)、今でもその言葉が強く印象に残っています。

退職祝いといえば何を贈ろうかで迷うと思いますが、ぜひ何か言葉も添えてみてください。その言葉が退職する人の、次の人生へ向かう勇気になる事もあるのです。

これからの飛躍を祈る贈り物

退職と一言でいっても、その理由は様々です。ただ、一つ、共通して言えることは、

最近の傾向として、「退職=終了」ではなく「退職=出発」というイメージでとらえることが多くなってきたということです。

それに伴い、退職祝いもまた、これまでのように、ただ労をねぎらうというだけのものではなく、さらにこれからの飛躍を祈るものに変わってきたということができるでしょう。

まさに、退職祝いに対する意識が、「過去を祝う」といったものから「未来を祝う」ものになったということです。

以上の観点を念頭に、具体的に、退職のお祝いを贈る場合について考えてみると、余りに引退を意識させるものは良くないといえそうです。

いかにも余暇に使いそうなパジャマや部屋着などはどんなに高価な物であっても考え物です。

同じ、家の中で使うものなら、例えば、エプロンや料理セット、日曜大工セットなど、新たにチャレンジできそうなものの方が良いように思われます。

また、挑戦という意味では、パズルや絵の具セットなど、今までできなかった時間のかかる趣味のものも喜ばれそうです。

その他、仕事が忙しくなかなか休みもなかったような人ならば、本人だけでなく家族も楽しめるお祝いこそ、ふさわしいものかもしれません。

旅行券や少し高級なホテルのディナー券などをプレゼントしてみるのはどうでしょうか。

最後に、退職祝いのタブーとしてハンカチを贈るということがあります。ハンカチは、手布(テギレ=手切れ)を意味するものとして大変失礼に当たりますので、注意が必要です。

同僚のサプライズにただただ涙

会社の同僚が転職で会社を退職したときのことです。

短い間だったのですが、彼女にはとてもお世話になり、同僚何人かで退職祝いをすることになりました。

彼女には何も告げずに、準備を進めていきました。最初に退職祝いの会場となるお店を選びました。会場はちょっとお洒落な和食のお店です。

実は、彼女が退職する翌日は、彼女の32歳の誕生日でもありました。誕生日といえばケーキですが、私たちは彼女の大好きなお寿司でケーキを作ってもらうことにしました。

お店の人に相談したところ、快く引き受けてくださり、大まかなケーキの案を伝えました。退職の前日になり、「明日、会社が終わったらみんなでご飯を食べにいこう」と連絡しました。

以前から同僚が彼女の予定を把握していたので、もちろん、いいよとのお返事でした。当日、みんなでお店に向かいました。「お疲れ様でした」の挨拶とともに乾杯。

各々、彼女との思い出話や会社の話、恋愛話や家族の話と日頃の女子会のような楽しい時間が過ぎました。ある程度、お腹も落ち着き、幹事の同僚が部屋から出ていきました。

しばらくすると、電気が消え、何も知らない彼女は小さい悲鳴をあげました。そこへ、ハッピーバースデーを歌った友達が、ローソクを灯したケーキを持ちながら部屋の中に入ってきました。

みんなで、一斉に合唱です。彼女はただただ驚くばかりで、その慌てぶりにみんな吹き出してしまいました。

ケーキはちらし寿司を土台に、イチゴの代わりに赤身のお魚が花のように飾られ、いくらや錦糸卵、あなごやイカなど具だくさん盛り付けされていました。

お店の方のアレンジもあり、私も初めて見るお寿司のケーキに見とれてしまいました。彼女は、このサプライズに「辞めたくなくなった」とただただ涙をこぼし感激していました。

母にもお祝いをわたせばよかった

父の退職は突然でした。トップの異動によるもので、まさか・・というタイミングで予定していた定年まで数年残していました。

家族としては、お疲れ様という気持ちでしたが、父本人は、希望していた時期でなく、考えるところがあったと思います。

母、姉と相談して、しばらくそっとしようか・・とも話ましたが、家族のため今まで働いてくれた感謝の気持ちは、きちんと伝えたいと考え、退職祝いの食事会とプレゼントを姉と用意することにしました。

食事会は自宅でゆっくりと、父の好物のお寿司を出前でとり奮発しました。プレゼントは悩みました。

今まで誕生日によくプレゼントを渡していましたが、ネクタイが多くて。選びながら、ネクタイはもういらないんだ・・と思い、退職したさみしさのようなものをその時感じました。

姉と2人で悩みながら、小銭入れと部屋着を選びました。のんびり家で過ごしてほしい。そんな気持ちをこめました。

当日、私と姉の子どもたちが、おじいちゃんお疲れ様でした。と書いたメッセージカードをわたしました。父は色々と複雑な想いはあったと思いますが、家族の気持ちが伝わったのか、笑顔の食事会となりました。

そんな父をみて、退職のお祝いをきちんとしてよかっとほっとしました。ただ、後悔も一つ。

父が仕事してこれたのも、母のサポートがあってこそです。母にも退職祝いをわたせばよかったと、

考えおよばなかった自分に後悔しています。いつか機会をまって、そっと母にもお祝いをわたしたいです。

鉢植えのお花が特に喜ばれます

今まで何人もの方に退職祝いを贈りましたが、特に喜ばれたなと思うのは鉢植えのお花です。

もちろんその方がお花好きであることが前提ですが、女性・男性を問わず、鉢植えの花は喜ばれるように思います。

というのも切り花は花束としていくつももらわれる機会がありますし、私が退職した時の経験でも(定年退職ではなかったのでお祝いではないかもしれませんが)退職時に花束はたくさんいただいて、どの花束がどなたからだったのか覚えておくのが大変でした。

でも鉢植えの花の場合、あまり多くはもらわないでしょうし、印象に残るようです。

また切り花の良さはその命の短さでもあるのですが、やはり数日で枯れてしまうよりも数カ月でも持つ鉢植えの場合、退職から少し時間が経ってほっとした時にもきれいな花が咲いていてくれるとうれしいのではないでしょうか。

もちろん、鉢植えの花は普通重いことが多いので、渡すタイミングや方法は配慮しなければなりません。

私は職場でお世話になった男性には小さな一輪の蘭の鉢植えをお渡ししましたが、車で来ておられたので「そのまま車に積んで故郷まで持って帰った。

まだきれいに咲いていてうれしい」とお礼のメッセージをいただきました。

そしてある女性の方にはご自宅へクレマチスの鉢植えをお届けし、その方からは翌年もきれいに咲いたとうれしいお便りをいただきました。

相手が花好きかどうかわからなくても、あまり花が嫌いと言う方はいないと思うので、

私は鉢植えのお花を退職祝いにお勧めします。

退職は本人にとって特別なもの

私は現在主婦をしていますが、若い頃から今まで何度か転職をしてきました。

最初の新卒で入った会社での退職は、結婚退職でしたので、職場の皆さんから大きなお花を頂き、色紙もいただきました。


送別会もチームや部署ごと、同期など本当にたくさんお祝いしてもらいましたし、会社からいくらかお祝い金をいただきました。

その後に主婦になってからも、パートやアルバイトをしてきましたが、社員という立場ではないので、辞めるとしても、ちゃんとした退職祝いというのはほとんどなくなりました。

せいぜい、同僚のメンバー同士で退職の会というのを開いてもらう程度でした。

昨年、ある職場に短期間アルバイトしたのですが、その間、一人の職員の方が退職されました。

とても明るくて感じのいい、アルバイトの私にも優しく接してくれた方で、思うところあって、別な職業に転職するとのことでした。

この職場の方たちはとても結束力が固く、温かくて優しい雰囲気の人が多かったのです。その方の送別会もとても温かく、盛大なものでした。

その方への退職祝いですが、何週間も前から、皆でお祝いの品を考えて、アルバイトの私は記念品には参加していないのですが、最後に贈る色紙の一言コメント、には参加させてもらいました。

こういった色紙のコメントというのは、社員であった会社では何度かやりましたが、久しぶりだったので、書いていて私も胸が熱くなりました。

送り出すほうもちょっと切ないのですが、退職のお祝いというのは本人にとって、特別なものだと思います。

心のこもったプレゼントというのは、とてもいいものだなと久しぶりに感じることができました。