退職祝い|みんなでお疲れさまと言いました


父が退職したのは、父が70歳を迎えてすぐのことで、


周りの方に比べるとわりかし遅めだったかもしれません。ずいぶんと仕事一筋に、一生懸命にやってきた父でしたので、無事に退職をしたときは、家族みんなでほっとしましたし、どうかあとはゆっくり静かな老後を過ごしてほしいと思ったものです。

父の退職祝いについては、兄と姉と私の3人兄弟でいろいろと考えました。退職した後の老後はじっくりとイタリア語を勉強したいと言っていた父のために、勉強机と椅子を新たに買ってはどうだろうかという意見もありました。

しかし、私たちは結局、そうした「モノ」を買ってもあまり父は喜ばないだろうということで、父と母とを招待した温泉旅行にいくことにしました。

山形県の天童市にある老舗のこじんまりとした温泉宿に、父と母と、兄の家族、姉の家族と私の家族と、総勢11名で1泊2日の温泉旅行でした。宿はインターネットで調べ、事前に電話で打ち合わせもしました。あまり大きな宿でワイワイやるよりも、ちょっと静かでのんびりできるほうが父の御祝いには向いているように思いました。

父も母も温泉は好きだったので、とてもよい旅行になりました。宿も大きすぎず、人も多すぎず、上品で静かでした。

夕食には父の好きな赤ワインを飲みながら、みんなでお疲れさまと言いました。

おっちょこちょいな父の失敗談はたくさんあり、少し酔いながらみんなに仕事の失敗談を笑いながら話す父は、とても楽しそうでした。とくに贅沢をしたわけではありませんが、こじんまりとした温泉ということで、気が楽で、家族の時間がゆっくりとしていて、とてもよかったことを記憶しています。

Pocket