退職祝い|どうやって渡すかにこだわっています

会社で退職される方に退職祝いをお渡しします。

よくある贈り物として男性、女性、職位に関係なくお花を渡していました。

退職される方以外の方にメールを送り、賛同していただいた方の人数で割ります。現在従業員が60名程度ですが賛同される方は大体30人くらいです。お花が3000円前後なので一人100円程度です。

最近では退職のお祝いにお花を渡しても枯れてしまう、男性だとお花を貰っても困るということから、ほしいものを選ぶようになりました。

例えば、エグザイルが好きに人にはCDや洋服が好きな人にはマフラーや手袋などその人が好きなものに関連するものを渡していました。

直接本人に何が欲しいか聞くのも野暮なので中のいい人からさりげなく聞いてもらいプレゼントしたりもしました。

最近では、さりげなく欲しいものを聞いたり、何が欲しいか探ったりするのも面倒になったり、もし違ってたら迷惑になる場合もあるため、直接本人にお祝いは何がいい?と聞く事もしばしばあります。

でも皆さんはこれが欲しいとか、あれが欲しいとはなかなか言いづらいものようです。お祝いに渡すプレゼントを最終的に決めるのは上司が基本行います。私の部下が退職する際に面倒なので直接なにが欲しい?と聞いてもなかなか本当に欲しいものを言ってくれませんでした。

そもそもプレゼントはあくまで気持ちなので何でもいいのかなと思います。もちろんお花でも貰えるならそれはうれしいと思います。

私の部下には4つのQRコードを作成しました。それぞれのQRコードにアクセスすると商品が表示されます。本人も4つあるうち1つを自分で選ぶのでどんな商品であっても自分が選んだため何にも不満はいいません。

何を渡すのかよりも最近はどうやって渡すかについてこだわっています。

Pocket