退職祝い|感謝の気持ちを贈りたいです

私は昨年まで25年間ずっと同じ会社に勤めていました。

高校を卒業してすぐに事務員として建設会社に勤務しました。

男の人ばかりで、気性が荒い人ばかりだったので怖かった思い出があります。女だからと言って失敗でもすれば容赦なく叱られました。

しかもみんなの前でヘルメットを投げられたこともあります。それくらいみんな仕事に真剣でしたし、仕事の厳しさを教えていただきました。そんな厳しい環境の中、いつも優しくて励ましてくれた現場作業員の方がいました。

落ち込んでいる私にお菓子を買ってくれたり、声をかけてくれたり、お父さんのような存在でした。

当時は40歳代の方で私は19歳でした。ベテランの作業員の方で、失敗ばかりする私は、いつもテキパキと仕事をこなすその方が輝いて見えました。

ずっと優しい方でした。昨年、私が病気で退職する時にもとても残念がってくれました。そんな方が、今週定年退職されるそうです。

ずっと支えてくれた方でした。今は私は会社に全く関係ないですが、退職祝いを持っていくつもりです。大きな花束を用意します。

おじいさんになった方に花なんて似合わないかなって思いましたが、やはり会社人生の最後は盛大な花が一番よく似合うと思うのです。

25年間自分が勤務できたのは間違いなくその方のおかげです。今度は私が感謝の気持ちを贈りたいです。

ずっと会社のために老体にムチうって生涯現役の作業員でした。尊敬と誇りの気持ちで会ってきます。

Pocket