退職祝い|一人ひとりのメッセージと花束

私は先日、大学を卒業してから新卒で入社して8年間勤めた会社を退職しました。

右も左も分からないような若造だった私を育ててくれてた会社に感謝しつつも、独立のために

自己都合理由で退職するということに

どこか申し訳ないような気持ちを持っていました。

退職の日、荷物をまとめてお世話になった方々へ順番に挨拶を済ませて会社を出る準備をしていると、先輩に肩を叩かれました。

突然だけど今から会議室に来てくれと言われ、私は言われるがままに会議室へ向かいました。

会議室へ入ると同じ部署の人が勢揃いしていて、拍手で迎えられました。先輩を中心として退職祝いでサプライズのイベントを企画していてくれたのでした。

今までにお世話になった上司や同僚の方から順番にメッセージをいただき、今までの思い出が蘇ってきて感無量でした。

また、同期がお祝いの花とメッセージが書かれた色紙を渡してくれ、それを受け取った時には涙がこぼれました。

どんなプレゼントよりも一人ひとりのメッセージと花束が私にはとても嬉しかったです。

また、私は退職をどこか申し訳ないと私は考えていたのですが、会社の方たちは全く逆でした。

私のこれからの挑戦を後押ししようとお別れ会ではなく、壮行会という名目でイベントを開催してくれていました。

私は本当にこの会社に入社して良かったと感じました。

退職祝いはプレゼントの内容ではなく、送り出してくれる気持ちとメッセージが退職する側にとっては一番有難いものだと実感しました。

Pocket