退職祝い|応援と感謝のメッセージの贈り物

毎年3月になるとどこの職場でも、退職される人が何人かいらっしゃると思います。定年の方、結婚するのを機に退職される方、転職される方など色々ですが、

「おつかれさまでした」の感謝と「これからもがんばってください」の応援の意味で「退職祝い」を贈ることが多くなります。

「退職祝い」として一般的なのは、やっぱり花束。その人のイメージに合わせて、女性なら赤やピンクの可愛らしい花で、男性ならカサブランカなどの大人っぽい花で作ることが多かったです。

やっぱり花束というものは、なんとなく癒しになりますし、特別な日にもらうものという感じがするのでぴったりなアイテムといえるでしょう。

職場の同僚から500円から1000円のカンパでプレゼントを買うので、参加人数が多いときは、花束以外に少し気の利いた贈り物もそえたりします。

印象に残ったのは、転職される方には、ネーム入りの名刺入れやペンケースなど、次の職場でも使えそうなものは喜ばれました。

また、その人の趣味に合わせた贈り物で、お気に入りのアーティストのコンサートDVDなど、自分ではなかなか買わないけれど、もらえると喜ぶだろうというものを想像を働かせながら、買ったりすることも多かったです。

お金はあまりかからないもので、やっぱり贈るほうももらう方も、思い出に残るのが色紙や小さいアルバムに一人ひとり応援メッセージを書き込んだ「贈る言葉」。

「いつも笑顔を絶やさない○○さんの笑顔に癒されました」や、「バイタリティあふれる○○さん、新しい職場でも活躍してください」など、

退職される方が迎える新しい場所への応援メッセージや、定年される方には「今まで本当にお疲れ様でした」などのメッセージがあるだけでとても感動できる贈り物になると思います。

そんなメッセージを彫刻したフォトフレームの贈り物は素敵で人気があります。


退職のお祝いはその人の喜ぶ姿を想像しながら、贈るものを選ぶのが一番だと思います。

Pocket