退職祝い|寿退社した先輩の昔の話です

以前勤めていた職場での話です。また私が新入社員だった頃、当時25歳位の先輩がいました。

直接仕事を教わる事は無かったのですが部署が同じで、私の直属の先輩の先輩で2人は仲良くしていたようです。

当時は今の時代の様な晩婚化ではありませんでした。だいたい20代のうちに結婚して寿退社するか、他の仕事に転職するかで、

女性が定年までいる方は殆どいませんでした。

25歳の先輩は彼氏もいませんでしたので当然結婚もありません。しかし25歳なのに結婚しないで会社に残っている事を非常に気にしていて、私の直属の先輩に相談していたようでした。

そしてその先輩は予定もないのに寿退社する事になったと上司に話をして、送別会がお店を貸し切って開かれました。

私は本当の事情を知っていましたが、他の人たちは一部女性の先輩を除き誰も知りません。なので皆、お祝い事という思いで普段の送別会よりも大々的だったのだと思います。

1つの部署に100人程度いる職場でしたが、退職の際、先輩は皆の前で花束を受け取り、おめでとうという言葉と共に皆で集めたカンパのお金で指輪をもらっていました。

周りからしたら寿退社の記念品だったのでしょうが、事情を知っている私からしたら、とても豪華な退職祝いでした。

それも全て時代がバブルだったから出来た事かも知れません。当時は特別な感情はありませんでしたが、先輩の年齢を超えた今、私だったら素直に退職するか、このご時世なのでそんな理由で退職できないなと思えた出来事でした。

Pocket