退職祝い|最後に会社から貰うプレゼント

私の会社では、

退職する人がいる時はいつも皆でお金を集めて花束とプレゼントを退職祝いとしてあげています。

だいたい退職者が所属するグループだけでお金を集めますが、部長クラスの人になるとグループを超えて沢山のお金が集まります。その集めたお金で、退職のお祝いを何度か購入しに行ったことがあります。

女性の場合はその人の好みが分かりますが、男性の場合は全く分かりません。そのため、だいたいデパートの紳士服コーナーでハンカチや靴下などの雑貨をセットで購入します。

ネクタイやブラウスを選んでくる人もいますが、趣味に合わない物をあげてもしょうがないので、私の場合は小物を選ぶようにしています。

問題は、その集めたお金の予算です。皆に好かれている社員が退職する時は集まる金額もかなり多いのですが、勝手な理由で退職したり、周りに迷惑をかけて退職する人も中にはいます。

そういう時は、ブランドの小物を買えるほどお金が集まらないことがあります。しかもそういう人に限って私が退職祝いを選ぶ担当のことが多いです。

辞めていく人には気持ちよく去って欲しいので、私は自分のお金を足してプレゼントを選んでいます。

花束のボリュームがやや少なくなる時はありますが、そこは男性なら特に気づかないと思うので、商品にお金を回しています。

退職祝いはどちらかというとおめでたい理由で選ぶ物ではないので、

選ぶ側としては難しいです。それでも最後に会社から貰う物がお粗末な物だと可哀想だと思い、悩みながら購入しています。

Pocket