退職祝い|気配りで退職者の気分を良くする

退職祝いに参加する場合はそのための心得が大切になってきます。

ここで大事なのが退職者がメインである事をしっかり頭に入れておく事が重要です。自分がはじけて自分中心の会にならないようにする事です。

しかし、逆に自分が控えめになり過ぎて、あまりお祝いの会に参加しきれないのも少し問題ですので、自分自身も楽しみながら退職者がメインになるように引き立てるといった感じで、お祝いの会に参加する事が一番良いと思います。

食事会をする時は退職者よりも早く現地に行く事が良いので、集合時間よりも早めに到着するように心掛けて置き、飲み物をついであげたり、料理に関してもなるべく退職者優先してあげるのも大切な気配りです。

退職祝いをする前に参加するみんなで話題づくりを考えて置くのも場の雰囲気を盛り上げるためには良い方法であり、一番の目的はお疲れ様という気持ちを伝えると同時に、楽しい時間にする事ですから事前の準備も必要なのかもしれないです。

二次会についてですがそれは退職者の予定を考慮して考える事と、意見を聞いておくと良いかもしれないです。

なるべく相手の希望を尊重する事が大切になってきます。お祝いの会をした後は酔った場合、遊び疲れている場合もあると思うので帰宅する時もタクシーを手配したり、送り向かいをしてあげるのも気持ちの上では大事な行為だと思います。

最後まで気配りする事できっと退職者の方も気分良く会社を退職する事ができると思いますので頭に入れておきます。

Pocket