退職祝い|心がこもっていればなでも嬉しい

いまや終身雇用ではないこの世の中ですから、

会社でも退職をしていく人を何人かみたり自分が退職したりすることがあると思います。

出産、転職、定年、独立など理由はいろいろありますが、プレゼントで快く送り出してあげたいですよね。

ではお祝いは、どんなことをすれば喜んでもらえるのか。それをまとめてみました。

贈り物のルールは、いろいろあります。定年退職する方の場合、ほとんどの方が年上です。現金を贈ったり、下着やズボン、靴下などは踏みつけるものなので避けるようにしましょう。

現金を贈る会社や、後輩などもよく耳にする話ですが贈る場合は封筒をきちんとしたり、手紙を添えたりと軽い感じにならなければ大丈夫だと思います。

また葬式でよく配られることが多い日本茶や手切れを意味するハンカチもいい意味をもたないためあまり贈るのもよろしくないと思います。

定年の場合、転職や独立も含めて、ワインやお酒を贈ったりと結構一般的なギフトを贈る方が多いみたいです。メッセージを彫刻したお酒なども人気があるようです。

そしてトラブルやリストラでやめてしまった場合は、祝いとは呼べませんから個人的にお疲れ様と何か小さな贈り物をするのがオススメです。


結果的に、心がこもっていればしてもらうと人間なんでも嬉しいと思います。


贈り物にあまりこだわらなくても、退職の前日にみんなでご飯に行くとか、手書きの寄せ書きをプレゼントする、手紙をプレゼントするそういうのでもいいと思います。

若い子に贈るプレゼントで、フォトブックというものが最近手軽につくれるのでそれもいいかもしれませんね。同僚と離れるのは少し寂しいですが気持ちよくおくりだしてあげたいですよね。

Pocket