退職祝い|最高の祝い品は神様がくれた時間

「ご退職おめでとう」なんて言われ退職祝いに花束なんかもらうけど、

当の本人は嬉しいのでしょうか?一つの節目まで頑張ったという意味ではおめでたいと思いますが。

なんか、今まで持っていた物がある日、退職ということでなくなちゃうんです。

自ら望んだことなら嬉しいでしょうが、今まで座っていたいすも机も、肩書きだって無くなるんです。

昨日まで部下だった人が、横並びになるんです。退職した途端、体が軽くなります。あんなに責任感じていたことがもうなくなるのです。

そういう意味ではとっても身軽でうれしいです。ああ、明日からは違った時間が待っています。部下が上司かも知れません。プライド捨てて頑張りましょう。

今までの人生で培った経験を活かして会社を支えてあげましょう。会社とは離れて今までできなかったやりたいことをやるのも楽しいです。

残された時間はたっぷりあります。会社勤め時代には無かった時間に追われない時間です。思いっきり、夢を実現させましょう。

体は元気、時間はたっぷり、お金もそこそこあります。こんな恵まれた時間は人生のうちでそうそうありません。

一番自分のために時間が使えるときです。やりたいこと想いきり悔いのないように。

退職祝いの最高の祝い品は神様が用意してくれたこの時間かも知れませんね。

退職は人生の通過点、次の通過点に向かって歩き始めましょう。いつだって青春、一歩を踏み出す勇気があれば実現可能だと思います。

二度と無い人生、自分の人生、精一杯生きようではありませんか?。

Pocket