退職祝い|お祝いは一生記憶に残るもの

退職祝いの贈り物は、贈られる側にとっては一生記憶に残るものなので、なるべく喜んでもらえる物を選びたいですよね。

退職祝いは、基本的に花束、物、寄せ書きメッセージなどの3つにするのが一般的です。

ただし、職場の伝統や風習がある環境の場合には、それに合わせるのが無難なので自分が準備するときに不安な事があったら親しい先輩に事前にリサーチしておくといいでしょう。


まず、花束の選び方ですが、これはお花屋さんにお任せすることをおすすめします。その際に、用途が退職祝いであることと予算、贈る相手の性別、年齢を最低限伝えるようにしましょう。

もし好きな色などがわかっていればそれを伝えるとベストです。さらに「なるべく豪華にしてください」など出来る範囲で要望を伝えておくといいでしょう。

ものの贈り物は、消耗品ではなく残る物にするのが無難です。食べ物や生活用品は本人の要望や特別に思い入れがある場合を除いては無くなってしまうものなのでおすすめしません。

高価なボールペンや時計、食器などを百貨店や正規の専門店などで購入しておきましょう。

購入場所は包装紙や袋からすぐに分かるものなので、もらった相手が、気分を害さないように気遣う事が大切です。

最後に寄せ書きですが、一見フランクなものなので上司に贈るのは失礼に当たるのではないかと思われがちですが、体裁をしっかりしたものにすれば、もらった相手は喜ばしいものですし、

何より職場の部下や同僚からの感謝の言葉はとても思い出に残るものですので、準備しておくことをおすすめします。

Pocket