退職祝い|一番嬉しいプレゼントだった

父親が定年を迎えた時、家族で退職祝いとして外食に出かけることにしました。

その日、花束を持って帰ってきた父の姿を見て、会社の人も祝ってくれたのかと嬉しくなりました。我が家は貧乏だったので、出前や外食はほとんどなく、外食というのはよほどのことで、主催者の母親にとっては夫への最高のプレゼントのようでした。

父は「家でゆっくり酒が飲みたい」と照れていましたが、お寿司屋さんへ行きました。母は父にいつも「ビールは1日1本(大瓶)まで」と節約を促していましたが、その日ばかりは「好きなだけ食べて飲んでいいよ」と。

お店の板長さんが、定年退職と知って、鯛の煮つけをサービスしてくれたことが、とても有難かったです。何より「おめでとうございます、お疲れ様でした」と初めての客に言葉をかけてくれたことが嬉しかったです。

身内で退職のお祝いをしたのは父だけでしたが、その後、会社で世話になった先輩が定年退職することになり、私が幹事に指名されました。

先輩は身内の借金に苦労した人で、余計な出費を好まず、「花とか記念品はいらない。送別会も辞退したい」と公言していました。

そこで、退職の日は会社の会議室にお酒と軽いおつまみを用意して小さなパーティー形式にしました。先輩は「やっぱりやってくれたのね。みんなに時間をとらせちゃってごめんね」と照れていました。

その後、先輩と私は「最後は2人で乾杯しようね」と約束していたので、予約した店に行きました。私はそこにサプライズとしてOGを呼んでいました。先輩がいつも「どうしてるかなぁ、元気かなぁ、会いたいなぁ」と言っていた人です。

再会時は若い女性の悲鳴のような状況でしたが、夜遅くまで盛り上がりました。先輩に

「いろんな人にお祝いをしてもらったけど、一番嬉しいプレゼントだった」

と言われ、とても嬉しかったです。自分自身も形式的な退職のお祝いは辞退しようと思っています。

Pocket