退職祝い|お世話になった方の定年退職

先日、

私が新卒で入社した頃からずっとお世話になっていた方が定年退職されました。

その日、その方にお世話になった人たちが集まって、退職祝いの送別会を開催しました。在職中の時は、部下を連れて飲みに行ったり、女性社員たちも誘っておいしいものを食べ歩いたりするのがお好きな方でした。

女性社員を誘うといっても、本当に気軽でこちらが全く気を遣わずに済むような方で、社内での付き合いもいろいろと幅広く、彼を通じて知り合った社員同士も多かったと思います。

飲みに行くときは、早い時間からさっと飲んで、すぐにお店を変えて、またさらっと飲んでという感じで、毎回3軒はくだらないのですが、それでも終電になるようなことはなく、いつも楽しく気持よく飲むことができました。

退職お祝い会では、約50人のメンバーが集まり、かつての仕事でのエピソード話に話を咲かせました。

社員として中核だった頃は、会社が大きく発展している時代で、仕事もさぞかし面白くやりがいあるものだったのだろうということが、その時のお話で感じられました。

これまで築き上げた40年分の仕事のノウハウは、私達部下が全て引き継ぎ、今後も発展させていこうと皆で誓い合いました。お祝い会の中で、幹事が彼を囲んでたくさんのポラロイド写真を撮影しました。

集まったメンバーが写真にメッセージを寄せ書きし、会の終わりに記念品とともにお渡ししました。記念品は退職後にこれまで以上にゴルフを楽しんでいただけるようにと、新品のゴルフボールを皆で贈りました。

Pocket