退職祝い|父の定年は感謝と偉大です


長年勤めていた会社を定年退職するときって切なさが押し寄せてくるものです。


実際、父が定年の年齢になり、退職を迎えたときは男性はすごいなと感じました。

女性の場合、定年まで務める前にやめる方が多いような気がしますが、男性は結婚をして、家庭を持つとちょっとやそっとの事ではやめることってできないですよね。きっと、仕事で失敗したり、嫌なことがあっても仕事をしているのって本当にすごいです。

そんな父が退職をすると知った時は、退職祝いとして、母と姉と私の三人からブランド物のバックをプレゼントしました。

そして、家族4人で中華料理を食べに行ったのを覚えています。お祝いとして、何をしてあげたらいいのか、考えて3人で出した結果、必要なものをあげた方が良いという事と、みんなで少し高めの中華料理を予約して食べに行こうという意見が出たんです。

今まで、感謝とか感じたことがなかったのですが、

退職と聞くと違う気持ちが出てくるのを覚えています。不思議なのですが、父への感謝の気持ちや、父の偉大さを感じました。

退職祝いとして、何をしてあげたらいいのか悩んでいる方もいるかもしれませんが、些細なことでも嬉しいものです。難しく考えずみんなで過ごす時間を大切にするのも良いですし、我が家のようにプレゼントをやるのもいいでしょう。

やる側の気持ちが伝われば相手も喜ぶものです。現在は、再就職をして働いている父ですが、身体を壊さない程度に働いてほしいと思います。そして、これからは父と母に恩返しができるように私も親孝行をしていきたいと思います。

Pocket