退職祝い|何を贈るか考えると楽しいです

私の夫の定年までは、まだかなり時間があります。

でも、その日がきたら、是非何か退職祝いを贈ってやりたいと思っています。

そう社交的でもない夫、営業職ではないけれど、会社での人間関係にも疲れることでしょう。不器用なので、苦労もしているはずです。

そんな夫に妻として、長年の感謝を込めて、何か贈ってあげたいと思うのです。何をあげたら良いのかと、考えることがあります。

夫は相撲が好きなので、大相撲のチケット、
読書が趣味だから、図書券、
服に無頓着で、あまりにダサいから、少しはまともに見えるように、素敵な洋服、
ジャズが好きなので、ジャズのCDをたくさん、
映画も好きなので、映画のDVDをたくさん…

これなんか私が欲しいのかも知れませんが…。

いろいろ考えますが、どれが欲しいのか、まだ分かりません。何か手作りのものが良いかとも思います。

でも悲しいかな、私は裁縫とか全然ダメ。夫以上に不器用なのです。ただ料理だけは大好き。上手い下手は別として。パンとお菓子作りもよくやります。

だから、まず退職の日には、夫の好きなものだけで美味しい料理を作りましょう。それとケーキでも焼くかな。

でもやっぱりこれとは別に、何か形に残るものを贈りたいのです。ネットであれこれ探してみたりもしました。いろいろあるんですね。

時計や万年筆は当たり前ですが、地酒セット、水彩絵の具セット、ビアマグ、ゴルフセット…などなど。

中には、金の名刺入れなんてものがありましたが、退職後でも必要なんでしょうか。

ゴルフはやらないけど、ビアマグなんかは良さそうです。どこかの陶芸教室に通って、手作りのビアマグなんて喜んでくれそう。

私はすでに退職した身なので、もうお祝いをもらうことはないのが残念ですが、

夫の退職祝いを考えるのって、何となく楽しいものです。

Pocket