退職祝い|定年を迎える母の願いを叶える

来年、母がこれまで勤めてきた病院を退職します。看護師として女手一つで私と弟を育ててくれた母に、

慎ましくも心のこもった退職祝いをしようと、今から弟と話し合っています。

とは言え、私も弟もすでに独立し、家庭のある身。まして弟とは飛行機に乗らないと会えない程、現在は遠く離れているので、話し合うと言っても、いつも近況報告で電話が終わってしまいます。

この間、ふと、自分から来年での退職に触れて来た母。思い切って「退職祝いをしようと思っているけど、どんなのがいい?」と聞いてみました。

すると、「皆で沖縄に行きたい」との事でした。私と母は車で行き来出来る場所に暮らしていますが、沖縄となると、北国在住の私達からすれば未知なる世界です。

「暖かい場所で、孫や子供に囲まれてゆっくり過ごしてみたい」ずっと、私達を育てるために必死になって働いて来た母らしい願いでした。

その願いを来年叶えるべく、弟と協議をしています。旅費は勿論の事、沖縄滞在での費用も全部、私と弟の2人で持つ他に、何かサプライズ的なプレゼントが出来ないか、思案中です。

とにかく、自分の人生をすべて投げ打って、私達兄弟のために働いて来てくれた母。

本来ならば家の仕事が好きで、家事をしているのが一番楽しいと言い切る母が、生きていくためとはいえ、看護師として働き続けるには、相当辛かったと思います。

今の職場を退職後も、臨時的に別の病院で看護師をすると言っている事からも、仕事にそれだけの誇りや情熱を持っていた事もわかります。

そんな母の、来年の退職祝いに備えて、今からしっかりと準備をするつもりです。

Pocket