退職祝い|おばさまが定年退職を迎える日

私が働いていた職場では、二人一組でタッグを組む仕事でした。私が新人で入った時には、50歳のシングルマザーで正社員で働いているおばさまと一緒に仕事を組むことになりました。

それから10年間、良いことばかりでなくて嫌なこともたくさんありましたが、仕事のパートナーとしていろいろと公私にわたってお世話になりました。

そして、その

おばさまが定年退職を迎える日が迫ってきました。


おばさまは、仕事を辞めた後には自宅で喫茶店をすると話していたので、退職祝いと共に開店のお祝いにもなるものをプレゼントしようと思い、エプロンを何着かプレゼントすることにしました。

旦那さんと二人でのんびりすと趣味でする喫茶店なので、特に制服は作らないと言っていたので、それならエプロンを私からお祝いで渡すと事前に伝えておきました。

いろいろなカフェのエプロンを調べてみると、とっても可愛いAラインのエプロンを見つけました。値段は3千円ちょっとです。

スタイル隠しにもなるし、ちょっとスカートっぽくて、太めのベルトがついているのですが、それがリボンのように見えるとってもおしゃれなエプロンです。

旦那様には、背が高めなので、よりスタイルの良さを引き立たせるセミロング丈のエプロンを購入しました。

洗い替えも含めて、それぞれに2枚ずつ購入してました。制服専門店で作ったので、お店の名前も刺繍してもらえてなかなか素敵な出来です。

退職日当日は、荷物になるといけないので、退職日の次の休日に一緒にお茶をしましょうと誘ってその時に渡しました。

とても喜んでくれて、それから喫茶店を開店して数年経った今でも愛用してくれています。

Pocket