退職祝い|義父の何よりも嬉しいお祝いの夜

昨年、

主人の父が長年勤めた会社を退職しました。

有名な某大手食品会社の役員を務めた立派な義父です。そんな業界ではちょっと大物の義父に、嫁の私は恐縮するばかりでした。

しかし義父はその地位を自慢したり、えらぶるような横暴な性格ではありませんでした。嫁の私にもさりげない心遣いと思いやりでいつもそっと見守ってくれる、そんな優しい義父でした。

実家から離れて暮らす長男一家の私たちは、そんな義父のために退職祝いを贈ることにしました。普段は伝えられない感謝をこの機会に伝えられたらいいな、と思い…。

しかし、相手は大手企業のやり手サラリーマン。お金もあり、家には何でも揃っています。食品会社勤めのため、高級な食べ物も普段から食しているので、父の日や誕生日など、何をあげてもしっくりきません。

さあ、どうしよう…。嫁は本当に悩みました。そんな時、札幌テレビ塔で夜の10時以降、毎日1組限定で展望台を貸し切ることができるという情報を得ました。

地方局の情報番組だったのですが、そこで取材されていたのも、ある家族のお父さんの退職祝いだったのです。

涙を流して喜ぶテレビの中のお父さんの映像を見て、「これだ!」と私は思いました。テレビでよく見る、札幌の夜景を我が家族だけで独占して退職祝いのパーティーをする。

きっといい記念になるに違いない!義母も主人もこの企画に大喜びです。義父に内緒で予約をとり、パーティーとプレゼントの準備をしました。

プレゼントは「お誕生日新聞」。「お誕生日新聞」というのは、自分の記念日を指定すると、その日の新聞の1面と2面をコピーしてくれる、というサービスです。

義母に協力してもらい、義父の生まれた日や就職した日、結婚記念日や主人の生まれた日などを教えてもらい、その日の新聞をコピーしてもらいました。

その新聞には義両親から聞いていた思い出のある社会的なニュースも載っていて、私たち家族も準備をしながら大いに楽しめました。

自宅ではいつも新聞を読んでいた義父は喜んでくれるでしょうか…。当日、閉館後のテレビ塔に連れてこられた義父は、終始いぶかしげでした。

しかし、突然テレビ塔がライトアップされ、一階の電光掲示板に自分の名前が示されたのを見てものすごく驚いたそうです。

そのまま案内されて展望台に上り、たくさんの家族たちに祝福されながらのパーティーは、「疲れも吹き飛ぶほどうれしかった」と後に語っていました。

ロマンチックな札幌の夜景、自分の記念日の新聞のコピー、そしてこれまで大事にしてきた家族の笑顔。義父にとって、何よりもうれしい退職祝いの夜となったようです。

私たち家族もまた、喜ぶ義父の笑顔を見て幸せな気持ちになったのでした。

Pocket