退職祝い|主人がめでたく定年退職を迎えたら

まだまだ当分先の話ですが、

主人がめでたく定年退職を迎えたら私は何をお祝いにするのでしょう。

もちろん、家族でお祝い会はするでしょう。彼の好きな食べ物を用意して、長年の労をねぎらうのだと思います。

そして、何をプレゼントするのだろうと考えました。まだわからないけれど、新しい人生が始まるであろう主人に素敵な普段着と歩きやすい靴をプレゼントしたいなと思います。

ビジネスマンの制服だったスーツは卒業です。窮屈な革靴だって我慢して履く必要はなくなるのです。

今は、自分のことは後回しでいいといい加減な格好で休日を過ごす主人。子供の塾の費用や習い事にお金がかかることを言い訳に、ついつい主人の言葉をうのみにしてしまう私。

でも、定年退職で一気に老け込んでしまうのはとても残念です。新しい洋服、それもなるべく若々しい装いで新しい人生を踏み出してほしいと思うのです。

歩きやすい靴を履いて颯爽と歩いてほしいのです。その風景は、それまでとは違うものに見えるかもしれません。

時間に追われ、上司に気を遣い、部下を育て・・・、そんな気苦労から解放されるのはどんな気分なのでしょうか。

ただの散歩でさえ清々しい気分になってもらいたいと思うのです。あと、ウイスキーが好きなので、イニシャルを彫刻したバカラグラスもプレゼントしたいと思っています。

バカラのオリジナルのマイグラスっていい感じじゃないですか。そんな定年退職を無事に祝えるよう、私は主人の健康管理に気を付けながら支えていきたいと思います。

結婚生活も10年を迎え、

何となく人生が見えてきたような気がする40代。定年退職のお祝いもそう遠くない未来のような気がします。

Pocket