退職祝い|お疲れ様と言ってあげて下さい

長い間企業のため、家族のため、そして自分のために一生懸命働いてきた父が退職した時、お疲れさまの気持ちを込めて、お祝いに時計を贈りました。

かねてから欲しがっていた時計です。それまで腕にはめていた時計はきっと若い時に買って、何十年も左腕で活躍していた愛着のあるものだったと思います。

だんだんその時計がくたびれてきたのを見て、お祝いにプレゼントしようと思っていたのです。

父はびっくりしました。外国の時計だったからです。父は外国製はいらないと言いました。高いものをつけても似合わないと言いました。

けれど、父のためにずっと探していた時計は父のものです。いらないと言いながら、そっと箱を開けて見ていたのを知っています。

なんだ、恥ずかしいからなんだと思いました。母からも聞きました。父は苦労して学校を出て会社に就職が決まった時、何もなかったそうです。

背広も靴もなにもかも、人からもらったものだと言っていました。たぶん今までしていた時計は、父が初めてお給料をもらった時に買ったものです。

何十年も父の腕で人生を見ていたのだと思うと、父と一緒にお疲れさまと言いたい気持ちでした。

退職という人生の節目を迎えて、再び新しい時計と出会って、これからどんな人生を刻んでいくのか、それもとても興味深いです。

多くの人がいつか経験する退職という瞬間、人生の一区切りを迎える瞬間には、やはりお祝いをしてあげることが必要なのだと思います。

そして、その時には退職祝いを贈ってお疲れ様を言ってあげて下さい。

Pocket