退職祝い|定年のお祝は心に残る特別なもの

多くの企業では、定年退職者に対して長年の貢献に感謝する意味を込めて盛大な送別会を催される事が多いものです。

会社や職場を上げて公式行事的に実施する企業も少なくありません。こうした送別会の場では、退職祝いを贈られる事も多くあります。

送別会に参加した人はもとより、参加は出来ないけれどお世話になった感謝の意を込めて賛同者全員で贈り物をする事が多いようです。

個人で限られた費用で贈り物の品を選ぶより、より豪華で退職者の本当に喜ぶものを贈る事ができるためです。

私の勤務していた企業でも、退職時の職場が起案し、有志を募ってまとめて贈り物を贈る習慣がありました。

人数が多くなれば、1人2~3千円でも相当な額になり、退職者の希望を聞いて贈呈するのが習わしとなっていました。

退職者の多くは、退職を記念した夫婦旅行を希望される事が半数以上でした。長年勤め上げる事ができたのは、奥さんの内助の功があればこそと、奥さんと共に楽しめる旅を選ばれるのでしょうネ。

それ以外では老後の趣味のためのカメラやゴルフ道具を選ばれる方も多くおられました。

退職者にとっては、こうした後輩達からの心づくしの贈り物と同時に、家族が労をねぎらって食事会などを開催してくれることが何よりも嬉しく、こうした送別会や感謝の会で、人生の大きな節目を迎えた事を実感するものです。

人生には、節目節目で贈り物を頂く事も多いものですが、退職祝いの贈り物は、その中でも心に残る特別なものなのです。

Pocket