退職祝い|社員を大切にしている社風を感じる

私の会社では、定年退職をする人に対して、会社全体で退職祝いという会を行っています。

その時、その会社で退職をする全員に対して、行う会としているのです。その時に参加をする退職をする人は、大体平均をして20人くらいはいます。

その参加をする人は、普段に出会うことがない人だったり、いつもお世話になっている人だったりします。

しかし、それらの関係の人には、部署で退職を祝いをすることがあるのですが、部署に関係のない人には、お祝いをすることがなかったので、そのような会に出席をすることによって、お祝いの言葉を伝えることができるので、とっても良い会であると思うことができます。

そしてその会では、その部署を代表して、何人かが催しものをしたりしています。その中には、その退職をする人を祝った歌を歌ったり、演奏をしたり、その人に関係のある劇をしたりしています。

その劇などを見ると、その人たちの普段に、どれだけ愛されていたのかわかるので、とっても楽しみにしているところがあります。

また、その会ではその退職をする人たちのプロモーションビデオのようなものを流すこともあります。そのようなものをいつ作ったのだろうと思うくらい、その出来栄えはすごいと思うことができるので、感心をしているのです。

定年退職をするお祝いとして、そのような形で行う、その会社に対して、社員をとても大切にしているという、社風を感じることができるので、

なんだかとっても気分がよくなる会でもあると思っています。

Pocket