退職祝い|家族の幸せを確認した良い一日

私は父親が定年退職をした時、家族全員で退職祝いをしました。

その退職祝いをしたのは、いつも利用しているホテルの日本料理屋です。そのホテルを選んだのは、いつもお祝いごとをする時には、利用しているところだったので、父親が退職をするときにも、ここで実施をしようと思っていたのでした。

そしてその時には、県外で就職をしていた私の兄弟も参加をしたのです。その時には、流石に父親が驚いていたのを覚えています。それは、その退職祝いをしようといったとき、参加をするのは、私と母親だけだと伝えていたからです。

そんな席に、遠くにいる子供が駆けつけてくれたとおもったので、父親としてはとても感激をしたと思っています。

また、そんな父親に対して、あまり話すことがなかった私の兄は、その時に感謝の気持ちを伝えていました。その兄が働けることに対して、父親が頑張って働いてくれたおかげであると伝えていたのです。

私の場合もそのように思ってはいたものの、言葉として伝えることはしていなかったので、その時に兄と二人で伝えることができて、本当によかったと思っています。

また、母親としても、父親を支え続けてきたこともあるので、母親にも二人で感謝の気持ちを伝えることにしたのです。

すると父親からもありがとうと言う言葉を、母親に伝えていたので、母親としてもとても嬉しかっただろうなと思うことが出来ました。


退職祝いの席で、お互いの幸せを伝えることができたことは、本当に良い一日であったと、改めて思っています。

Pocket