退職祝い|定年される相手を敬い感謝すること

定年退職祝いは長年勤め上げたことを長年ありがとうございました。ご苦労様でした。

という気持ちを込めて会社の仲間や家族や知人などと祝うことです。会社で行う場合には品物とお花を送ることが普通です。品物は既製品に限らずに在職中の写真をアルバムにして渡すなどもオススメのようです。

身内で行う場合には、お祝いの席を設けて感謝の気持ちと新たな人生の門出をお祝いするといいようです。喜ばれるような定年退職祝いのルールですが、

1.長年の勤務を敬う。2.長年の労をねぎらう。3.その会社に勤務していた証が記念として残る。4.相手の方の嗜好に合う。5.普段の贈り物とは違うようなスペシャル感。

などになります。誕生日プレゼントなどとは違う一生に一度の特別なものです。在職中の歴史に繋がるようなしなものがベストかもしれません。

また、NGなものもあるようです。それは、

1.儀礼的な飲み会だけで済ます事。2.贈り物にメッセージを添えない事。3.メッセージに定型文を引用すること。4.死、苦を連想させるものを送ること。

相手の気持ちを考慮した言葉を伝えるためにも日頃から情報収集が必要になると思います。そして、絶対に贈ってはいけないと言われるアイテムもあります。

お祝いなので縁起が悪いとか不吉だと言われるものは避けるべきだと思います。肌着や靴下などの下に付けるものはタブーと言われますし、くやしは苦と死を連想させてしまうのでタブーです。

ハンカチも漢字で書くと手切れになるために縁切れにつながりタブーです。お茶も香典返しでよく使用されるために気にする方も多いようです。履物とマットも踏みつけることになるので避けたほうが無難です。

また、人気のものはお花です。生花だけではなくて盆栽やブリザードフラワーなどだと種類が豊富なようです。名前を彫刻した退職祝いのプレゼントも定年の最高の記念品になるようです。

大切なの事は、定年退職される相手を敬い、心から感謝を伝えることです。どなん退職祝いでも、相手への気持ちが伝われば、きっと感動してくれるはずです。

Pocket